これがあれば大丈夫!合宿免許の持ち物を解説

合宿免許での運転免許取得は人気のプランです。自分でスケジュールを組まなくて良い点や、費用の安さがメリットです。ですが、長期間の宿泊を伴うので、忘れ物に注意が必要です。合宿期間を快適に過ごすためには必要な持ち物を事前にしっかりとチェックしておくことが大切です。

そこで、合宿免許に必要な持ち物の解説をします。忘れ物をしない為のアドバイスもありますので参考にしてください。

絶対忘れちゃダメ!入校するために必要な物

本人確認書類、住民票、印鑑はどの合宿免許でも入校のために必要なことがほとんどです。忘れてしまうと合宿自体を受けられなくなってしまうこともあるので注意しましょう。本人確認書類としては、健康保険証やパスポート、住民基本台帳カードなどが有効です。

必ず本人確認書類として何が認められるかをチェックしておきましょう。何らかの運転免許をすでに持っている人は運転免許証も持参します。健康保険証は、本人確認になると同時に病気やケガになった時にも役立つので持っていくことをおすすめします。

住民票は、自治体の窓口で受け取ることができます。本籍地や国籍が記載されていることが必要です。窓口で、運転免許証の発行の為に必要であることを伝えると良いでしょう。本人確認書類と住民票の内容が一致しているかどうかも大切なポイントです。

また、住民票は、発行から3ヶ月以内のものが有効とされています。発行日をチェックして有効期限が切れていないか確かめてくださいね。合宿に持参する時は、コピーではなく原本を持っていくようにしてください。印鑑は、認印で大丈夫です。

朱肉を使用して押印するタイプのものを用意しましょう。一般的に、ゴム印やシャチハタタイプの印鑑は認められないことがほとんどです。その他に必ず必要な物として視力矯正に必要な物や筆記用具があります。視力が悪い人は、眼鏡やコンタクトを忘れないようにしましょう。

カラーコンタクトやサングラスは使用不可なので注意してくださいね。申請書類や筆記試験の受験用に筆記用具も不可欠です。ボールペンやシャープペン、鉛筆は最低限持っていくようにしましょう。その他、試験勉強をするためにマーカーやチェックペンがあると便利ですよ。

生活必需品は長期宿泊に必要

生活必需品として、着替え、洗面用具、現金があります。合宿中の衣服は運転しやすい様に動きやすいものを選びましょう。着替えは、必ずしも合宿の日数分必要になるわけではありません。多くの合宿所にはコインランドリーが設置されており洗濯が可能になっています。

荷物を極力減らしたいという人は、コインランドリーを使用して着替えの数を減らすことができます。コインランドリーを使う予定の人は、洗剤を小分けにして持っていくと良いでしょう。また、着替えには部屋着も忘れずに含めましょう。

スウェットやジャージなど動きやすい着替えを入れておくと便利ですよ。合宿所には洗面用具が準備されている場合と準備されていない場合があります。合宿所のパンフレットなどをよく読んで、準備されていない洗面用具は準備しておきましょう。

タオル類もサイズ違いで数種類あると役に立ちますよ。髭剃りやムダ毛処理用のカミソリも必要な人は持っていくようにしましょう。女性の場合は、日焼け止めやメイク用具もあると良いですね。現金は、持っていきすぎると盗難や紛失などのリスクがあるので必要最小限持っていくことが大切です。

2万円程度持って行っていると、何かあった時にも安心です。合宿中に不要なクレジットカードやキャッシュカードは持っていかない方が安全です。

あれば助かる!合宿を快適なものにするために

合宿免許とはいっても暇な時間や自由時間はあります。合宿中をより快適に過ごすためにおすすめの物として、スマホや携帯電話と充電器、携帯ゲーム機やマンガ、トランプなどのカードゲームがあります。スマホは、調べ物をしたり外部の人との連絡を取るためにも必要なアイテムです。

また、それだけではなく合宿で知り合った人との連絡先交換のためにも持っていくと良いでしょう。合宿は、初対面の人とも仲良くなりやすい環境にあります。連絡先を交換すると合宿後も繋がりを保つことができますよ。スマホを持って行っても充電器を忘れてしまうと使えなくて大変です。

スマホや携帯電話を持っていく時は充電器もセットで準備しましょう。携帯ゲーム機や漫画は、暇つぶしにもってこいのアイテムです。合宿所の行き帰りの移動中にも使えますよ。また、なかなか眠れない時にもあると便利です。

相部屋の場合はイヤホンやヘッドフォンを持参して音漏れをしないように配慮が大切です。トランプなどのカードゲームは相部屋の仲間と遊ぶのに最適です。ゲームを通して相部屋の人と仲良くなることもできますよ。

持っていくと役に立つ意外な物

常備薬やマスク、移動用のバッグは持っていくと意外と役に立ちます。もちろん合宿所にも常備薬は準備されていますが、頭痛薬や便秘薬など普段から飲んでいるものは自分で持っていく方が安心です。また、湿布や絆創膏もあると便利です。

自分だけでなく他の人が困っている時にも助けてあげることができますよ。マスクは、万一風邪をひいた時にまわりへの配慮のためにあると役に立ちます。また、気候や地域によっては花粉症や咳の症状が出ることがあります。

そのようなときもマスクがあるとのどを保護することができます。また、髭剃りを忘れたりメイク道具を忘れたりした場合も顔を隠すためにマスクは役にたちますよ。移動用バッグは、貴重品を入れたり自由時間にちょっと出かける時にあると便利です。

合宿用のバッグは衣類などもいれるため、大きくなりがちです。移動用バッグが一つあると身軽に動くことができますよ。

合宿免許取得で忘れ物をして焦らないために

合宿免許を取得する時に忘れ物をすると最悪の場合は、入校すらできません。そのため忘れ物をしないことはとても大切です。忘れ物をしない為の方法として、事前に持ち物リストを作成することがあげられます。持ち物リストは、必ず必要な物を一番最初にあげて、後は自分に必要なモノを厳選してリスト化します。

合宿の案内を参考にあれば便利なものも含むようにしましょう。リストは、チェック欄を作っておくと見忘れがなくなります。チェック欄を作る時は、持っていく時だけでなく帰る時の欄も作っておくと良いですよ。そうすることで、行きも帰りも忘れ物をなくす効果があります。

⇒合宿免許が安い理由を理解して積極的に活用しよう