合宿免許が安い理由を理解して積極的に活用しよう

教習所に通って免許を取るのと、合宿に行って免許を取るのとではどちらが安いのかという疑問は昔からよくあるものです。参考情報>>合宿免許HUNTER … 免許合宿

当初は合宿免許の方が高かったものの、現在では教習所に通う方が高いという傾向が生まれてきました。なぜ合宿免許にかかる費用が低下したのでしょうか。その背景を理解して、積極的に活用してみましょう。

合宿免許の方が高かった理由

あまり教習所の事情を詳しく知らない人なら教習所に通うのと合宿をするのとでは教習所に通う方が安上がりだと考えるでしょう。合宿の場合には合宿先までの往復の交通費と宿泊費を負担しなければならないからです。食費についても合宿に行くと普段のようには食事ができず、費用がかさんでしまうと考えるかもしれません。

昔は合宿免許の方が高かったのは確かで、その原因として大きかったのが交通費と宿泊費の高さでした。教習にかかる費用はほとんど変わらず、交通費と宿泊費を負担すれば当然のように合宿に行った方が費用がかかってしまいます。

しかし、その状況が覆されるようになりました。決して交通費や宿泊費が不要になったわけではありません。それでも総額を考えると安上がりになるプランが大半を占めるようになっているのです。

合宿免許の費用が下がった基本的な理由

合宿免許の費用が安い状況になったのは教習所側がいかにしてコストダウンを行うかを画策してきたのが主な理由です。基本的には宿泊費も交通費を削減できるように工夫しつつ、教習費用も下げています。

教習所によっては内訳をあまり明確にはしていない場合もありますが、どれも下げたことによってようやく教習所に通ってもらうよりも安い仕組みを整えられるようになったと言えるでしょう。例えば宿泊費については教習所内に宿泊施設を独自に用意して破格で提供するようにしたというケースがあります。

また、周囲のホテルと提携して割引で利用できるようにしたというパターンも多くなりました。合宿に利用する場所は地方のことが多く、観光のシーズンでない場合にはホテルも空室が目立つようになっています。そのタイミングを狙いつつ、団体で宿泊する契約をすることで安く泊まれるように手配しているのです。

交通費についても団体割引で新幹線を利用してもらったり、バスを手配して現地まで一斉に教習生を集められるようにしたりすることで安上がりにしています。独自のバスで送迎をしている場合もあり、さらにコストダウンに成功していることもあります。

そして、教習費用については人件費の削減による効果が大きいでしょう。できる限り多くの教習生を最小限の人数の教官で指導することによって人件費を減らしています。合宿免許は何人の教習生がいついるかが明確になるため、余分な人材を手配する必要がありません。

不足時にはアルバイトや派遣を利用しているケースもあり、うまく人件費のやりくりが行われています。このような教習所側の工夫が積み重なった結果として合宿免許が安い時代になっているのです。

価格競争によって安くなった面も大きい

合宿免許の方が安いだけでなく、もともと短期間で免許を取れるというメリットがあることも考慮すると魅力が大きいでしょう。自然に大学生を中心として合宿免許を利用したいという人が増えました。

ニーズがあれば教習所としても教習生の獲得に乗り出したいと考えるでしょう。その結果として価格競争が繰り広げられて安くなったという面もあります。他校との差を生み出さなければならないため、価格を下げながらもサービスの充実を図っているのが通例です。

安かろう悪かろうにしないように努力を続けてきてくれているお陰で、利用後の満足度も高いサービスを破格で提供してくれるようになっています。だんだんと底値になってきていてこれ以上は価格が下がらない傾向があるのは確かです。

しかし、相場は着実に下がってきているので、さらに安いプランが見つかるようになる可能性もあるでしょう。

最安値のプランを選んでも大丈夫なのか

このように運転免許の取得方法として合宿免許は安くなりましたが、競争の結果として一律の価格でプランが提供されているわけではありません。プランに含まれている内容や合宿地の違いなどにより、個々の教習所が異なる価格設定を行っています。

最安値のプランを選ぶのが最も良いという考え方もありますが、それで本当に大丈夫なのかと心配になる人もいるでしょう。どのようなプランになっているかをよく確認した上で選ばないとかえって高くなってしまうこともあるので注意が必要です。

教習費用と交通費は含まれているけれど、宿泊先は自分で手配しなければならないというプランもあります。食費も含まれていて高そうに見えるけれど、自分で食事を手配するよりも簡単で実は意外に安いというケースもあります。

また、合宿免許で試験に落ちてしまい、少し延長しなければならなくなるというケースもあるでしょう。その際に追加料金がかかるかどうかもプランによって異なっています。合宿地によって過ごしやすさも異なり、良い立地を選べば休校日に遊ぶことも可能です。

逆に休校日がないプランを選ぶと余計な宿泊費用がかからないので安上がりになります。安易に最安値なら良いと決めてしまわず、プランの内容をよく確認して本当に安くて納得できるものかを考えるようにしましょう。

⇒これがあれば大丈夫!合宿免許の持ち物を解説

合宿免許なら安くても取得しやすい

安かろう悪かろうというのはどの業界でもよくあることです。安すぎることが合宿免許を選びたくないと考える理由になっている人もいますが、合宿免許は安いからといって教習内容が省かれていたり、指導が手抜きされたりしているわけではありません。

法律によって教習で行わなければならない内容は定められているので、そこから逸脱することは決してないのです。そして、指導を徹底して行って実績を上げていかないと教習所は他校との競争に負けてしまうことになります。

高い合格率を維持している教習所が多いので、合宿免許は安くても取得しやすい方法だと考えることができるでしょう。どれだけ充実した指導内容になっているかはケースバイケースです。実績が十分にあるかを調べた上でどのプランを選ぶかを決めるのも賢いと言えます。

それが結果的に安かったら儲け物と考えた方が実はトータルでかかる費用も安いということもあり得るでしょう。